houka

  1. “榊組”の一員でもある名脇役が女優に性加害
  2. 演技指導の名目で木下の自宅に呼び出され…
  3. 文春か・・・。
  4. こっちもあったか

“榊組”の一員でもある名脇役が女優に性加害

 

今回、2人の女優が、新たな俳優による性加害を「週刊文春」に告発した。

 

その俳優は木下ほうか(58)。木下は大阪府出身で高校時代から自主映画制作にのめり込み、16歳のとき井筒和幸監督の「ガキ帝国」で俳優デビュー。大阪芸術大在学中に自らの劇団を立ち上げた。その後、吉本新喜劇に約3年在籍したが島田紳助から「役者をやりたいなら東京に行くべきやろ」とアドバイスされ上京。3月21日にレギュラー放送最終回を迎えた「痛快TV スカッとジャパン」(フジテレビ)では「イヤミ課長」役で人気を博し、「はい、論破」という決め台詞は2015年の新語・流行語大賞にもノミネートされた。


 

NHKの朝ドラ「なつぞら」(2019年)や大河ドラマ「麒麟が来る」(2020年)にも出演し、4月5日から放送開始のNHKの連続ドラマ「正直不動産」では主演の山下智久の上司役を務める名脇役だ。


 

実は木下と榊氏の関係は極めて深い。榊監督作品に木下は7作出演しており、映画やドラマでの俳優同士としての共演は12作にも及ぶ。


「プライベートでも親交がある盟友です。木下のブログには榊の娘を抱く様子や〈榊の指導演出は的確で厳しく、好感が持てた!〉と称賛する記述もある。木下は“榊組”の一員なんです」(映画関係者)

演技指導の名目で木下の自宅に呼び出され…

 

今回、詳細な証言と共に「性被害」を告発したH子さん、I子さんという2人の女優は、いずれも木下から性行為を求められ、応じざるを得なかったと語った。


 

H子さんは演技指導の名目で木下の自宅に呼び出された。最初は2人で台本読みをしていたが、「なんでできへんねん」と木下に叱られるうち、H子さんは悔しくて泣き出してしまったという。すると、木下は一転、慰めるような優しい声音で「もういいから。こっち来いや」と寝室に連れていった。そこで木下は自分のパンツを下ろすと、H子さんの顔先に性器を突き出した。


「なし崩し的に口での行為を迫られました。抵抗したらもっと酷いことをされるかもしれない。要求に応えて済ませた方が安全だと思ってしまった。『早くこの時間が終われ』と頭の中で繰り返していました」(H子さん)

出典:「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年3月31日号
榊英雄監督の盟友、木下ほうかの「性加害」を2人の女優が告発する


文春か・・・。

おぉ・・・文春砲かぁ・・・久々感は、あるなぁ。さて木下ほうか氏は、これから俳優としてどの様に活躍されるのか、または干されてしまうのか。注目はしてみたい。

自ら、ほうかという名前で放火をするとは微妙なギャグであるということに気が付いていなかったのか。というよりギャグにもなっていない。


「シンボルちゃん」が悪い方向に暴れた・・・と・・・。いうわけですか。

こっちもあったか

サイゾーウーマンと動画でも、出ていたんですね・・・。




芸能人ランキング